Phal. bastianii

1.生息分布

フィリピン

Nueva Ecija, Nueva Vizcaya Province,
Sulu Archipelago)

Sulu ArchipelagoはPhal. mariaeとの説がある


2.生息環境

Luzon島では海抜1,500m以下の川辺。温度17-28C、湿度85-88%

3.形状

3-1 花


(1)花被片

 花名は人名(Bastian Rollke)から。花被片は3.5-4cmで、黄色あるいは黄白色をベースとして赤褐色の太い棒状斑点が全体にやや同心円状に分布する。稀に白色あるいは薄黄緑色のベース色が見られる。ステンドガラスのような反透明感と艶があり、胡蝶蘭原種の中では最も美しい種の一つである。リップはピンク系紫色の中央弁にオレンジ色の側弁、また先端部が白色の蕊柱からなる。
 Phal. maculataPhal. mariaeと類似すると言われるが、マーケットにおけるミスラベルも多い。E.A. Christensonは、(1)花茎が本種は上向きに対しPhal. mariaeは下向きであること、(2)本種のセパル・ペタルがフラットであるのに対してPhal. mariaeは縁が反っていること、(3)リップ先端の繊毛が本種は少なく、Phal. mariaeは密集していること、をそれぞれ挙げている。

 筆者の印象では(1)と(2)については一般的傾向としてはそうであるが、両株とも同じような形態が見られるものがある。その他の特徴として筆者の所有株の傾向として本種の花被弁はややスリムであるのに対してPhal. mariaeは全体にやや丸みがあることと、葉色が同じ環境下では本種が黄緑に対してPhal. mariaeは緑色で固い蝋質の印象をうける。花被弁のベース色は本種は黄白色でPhal. mariaeは白色が多いがこれは個体差の範囲で両者にも見られる。確実なのはリップ形状からの判別となろう。本種の多くは左端のように太い棒状斑点が黄色のベース上に高密度で分布するが、写真右端のように稀にPhal. corningianaのようにソリッドに近い全体が赤褐色の花被片も見られる。一般にPhal. bastianiiは早春にPhal. mariaeは晩春から夏にかけて開花する。同時開花数(輪花数)はPhal. mariaeと比較すると少なく、通常は2 - 3輪で多くとも5輪程度である。香りはほとんど無い。

Flowers


(2)リップおよびカルス

 Phal. bastianiiPhal. mariaeとよく比較される。下写真は上段3枚がPhal. bastianiiで、下段3枚がPhal. mariaeである。リップ中央弁は上下段中央写真に見られるようにPhal. bastianiiの中央弁Top Viewは楕円で、基部がやや幅広となるものが多いのに対してPhal. mariaeの中央弁は菱形に近い。中央弁基部から中央にかけての竜骨突起(写真中央のKeel)はPhal. bastianiiはなだらかに走るが、Phal. mariaeは基部から立ち上がりほぼ中央で急峻に落ちる台形で台形の上辺は小鋸歯状である点で異なる。またPhal. bastianiiの中央弁先端部には白い繊毛が疎らに散在した状態であるのに対してPhal. mariaeは密集している。この2つのリップ上の特徴から、花柄では困難であるものの容易に両者の判別ができる。

 カルスは2組とされanteriorは長く延びて先端が2分岐した歯状突起で、posteriorカルスはやや突き出た2分岐歯状突起と基部寄りに小さな複数の腺状突起が見られる。Phal. mariaeではこのposteriorカルスの腺状突起魂がなく1組の突起のみである。

Phal. bastianii
Phal. mariae

(3)さく果

  さく果は6 - 7cm。子房全体が丸みのある鮮緑色で、写真が示すように6つの溝は深く明確である。受粉後の花被片はそのままで緑色に変化し固く、枯れて縮れることはない。4ヵ月程で取り蒔きができる。写真はおよそ3ヵ月経過したさく果である。

Seed Capsule


3-2 変種および地域変異

  1. Phal. lueddemanniana v. orcraceaのように薄黄緑色をベースに茶褐色の棒状斑点の変種があるとされる。

3-3 葉

 長さ20cm、幅7cm。濃い緑色で蝋質のP.mariaeの葉と比較してやや黄緑色で、Phal. hieroglyphicaに近い色合いと質感をもち、葉形態からは両者の判断は困難であろう。自然界生息の株は殆どが下垂しており、野生種は下写真左のようにコルクやヘゴあるいはバスケット斜め吊りに植えつける必要がある。長期間の人工栽培や高芽からの栽培ではポット植えでも右写真のように葉は立ち性と見られ左右に展開して成長する。コルク付けでもやがて茎は水平あるいは上方に向かい葉は水平に展開する。コルクやヘゴ板に取り付ける場合、左写真に見られるように多くのミズゴケで根を覆うと成長が良く大株となる。ポット植えも同様で株サイズの割に大きな鉢サイズとすると大株に成長する。右写真中央左上寄りの大株はスリット入りプラスチック鉢(茶色)にヘゴチップで植え込み、2年程度で3倍の葉長となった。この傾向はPhal. lueddemanniana系に共通している。

葉が下垂したPhal. bastianiiのヘゴ板付け
プラスチックポットとヘゴファイバー植え付け


3-4 花茎

 花茎は円柱形。長さは葉と同じかやや長い15 ‐ 20cm程で2 ‐ 3本が発生する。花茎は上に向かって伸長する。これはPhal. mariaeの下方向とは異なる。分岐は見られない。花茎当たりの輪花数はあまり多くはなく、3 - 4輪となる。胡蝶蘭の多くが高温では高芽が発生しやすくなるが、Phal. pulchraと同様の頻度で本種も高芽の発生がしばしば見られる。数本の花茎が近接し、同時に開花すると育成の写真に示すように艶やかとなる。

3-5 根

 コルク付けでは根が活発に上方に向かって伸長する。根は太い銀白色、活着部分は扁平に、根冠は新鮮な緑色である。

4.育成

  1. コンポスト
    自然界では葉は下垂しているが、ポット植えを行うと葉は左右に展開して立ち性として成長する。Phal. lueddemanniana系は大きめのポットにヘゴチップの組み合わせで大株になる様態が見られる。言い換えれば根張り空間の大きさが株の大きさを決定する。

    コンポスト 適応性 管理難度 備考(注意事項)
    コルク、ヘゴ、バスケット 多くのミズゴケで覆う
    ミズゴケ 素焼き
    ヘゴチップ プラスチック 可能な限り大きなポットを使用

  2. 培難易度
        容易

  3. 温度照明
    胡蝶蘭の中では低輝度から中輝度。栽培温度範囲は広いが高いと高芽の発生が多く、開花させるためにはPhal. pulchraと同じように、やや低温が適している。これは本種生息域が1,000m以上の高山であることと関係している。

  4. 開花
    一般的には同時多数の開花は見られない。花茎に3-5輪程度である。花もちは3週間ほど。 下記写真は花茎が2分岐し、それぞれに4輪つけたもの。

    Phal. bastianii

  5. 施肥
    特記すべき事項はない。

  6. 病害虫
    褐色斑点病群がしばしば見られる。該当する薬剤のペーストを患部を切り取った切り口に塗る。

5.特記事項

 入荷時のPhal. lueddemmanana, Phal. hieroglyphicaなどと、葉の形状からは判別が困難で、トレーダーからの入荷はミスラベルの可能性が高い。確実に入手するためには開花確認した株かどうかを問い合わせる必要がある。