Phal. lueddemanniana

1.生息分布

フィリピン全土


2.生息環境

  海抜60m以下。温度18-32C。湿度80-90%

3.形状

3-1 花


(1)花被片

 花被片は蝋質で艶があり厚く、胡蝶蘭の星形形状としては大型で、花径は5-6cm。白地に赤い点および棒状斑点をもつ一般種から全体が赤いソリッドタイプまで花被片のパターンは多様である。このPhal. lueddemannianaの多様性から、Phal. delicata, Phal. hieroglyphica, Phal. pulchraなどとはPhal. lueddemannianaの変種として扱われることがある。大株では3-4本の花茎に4-5輪の花を同時に開花させる。花もちは良い。開花時期は春から夏とされているが、温室では晩秋に咲くこともある。柑橘系の比較的強い香りをもつ。USAでは多数の選別実生株が作出されている。1段から3段はLuzon島産で、1段および2段左と中央は花被片の横幅が狭い。3段の中央および右はPhal. hieroglyphicaとの中間体のような花柄を示している。4段は左がUSA改良種、中央は台湾選別種、右および5段はMindanao産である。花名は栽培者Lueddemann名に由来する。

Flowers

(2)リップおよびカルス

 Phal. lueddemannianaのカルスは2組からなり、anteriorカルスは先端を2分岐した歯状突起である。写真右端に見られるようにanteriorカルスの上に乗った先端2分岐の薄皮の突起があるが、これは独立していると言うよりanteriorカルスと基部が共通で1組と見なしている。posteriorカルスは密集した小突起の塊からなる。この小突起の塊の中で中央弁先端方向にやや飛び出た突起があるが、これを独立したCentralカルスと見なすかどうか。Phal. lueddemannianaグループに多くこのような形状が見られる。

Lip and Callus

(3)さく果

 さく果は緑色で6本の溝は浅く全体として丸みがある。花被片は交配後緑色に変化して硬化し、そのまま保持される。交配後4ヵ月程で採り播きができるが、発芽率の点からは6ヵ月以上経過した方がよい。

Seed Capsule

3-2 変種および地域変異

  1. lueddemanniana mindanao (dark red type)
    花被片写真下段2行
  2. lueddemanniana v. orchracea
    白地に薄黄緑色の斑点をもつ。
  3. lueddemanniana v alba 
 本種はしばしばPhal. delicataおよびPhal. hieroglyphicaと比較される。後者は別種とされたが、前者は本種の変種とする見方がある。フィリピンマーケットでは別種としている。下写真はPhal. delicataおよびPhal. hieroglyphicaをそれぞれ示す。Phal. delicataは花被片が小型で、それぞれの花被片はPhal. lueddemannianaのように抱咲きや外側に湾曲することはない。

Phal. delicata
Phal. heiroglyphica

3-3 葉

 入手している株の中では40cm、幅7.5cm。下写真は現地輸入から3カ月後のもので、ほぼ野生種に近い様態の葉と思える。

Leaves (wild plant)

  Phal. lueddemannianaは自然界ではクラスター状に増殖し、大株がしばしば見られる。写真左は2m x 1.5mのヤシガラマットに取り付けられた200株以上、右写真は150株程からなるクラスター状の野生株である。


 一方、上写真のように殆どの葉が下垂する野生株とは異なり、栽培株では下写真のように先端から2-3枚程に立ち性が見られる。本種は通常時では緑色であるが、葉の黄変(特に先端部)がしばしば見られる。栄養(カルシュウムやミネラル)不足という説があるが室内栽培で定期的に栄養補給しているものでも出現することがあり、必ずしも当てはまらない。高輝度が原因の可能性が高い。

Leaves (Cultivated Plant)

3-4 花茎

 花茎は株の中の最大葉長と同じか短い。3-4本の花茎を出し、4-5輪を同時に開花する。

3-5 根

 根は太く円筒形で白銀色、根冠は黄緑。

4.育成

  1. コンポスト
    コンポスト 適応性 管理難度 備考(注意事項)
    コルク、ヘゴ、バスケット
    ミズゴケ 素焼き  
    ヘゴチップ プラスチック

  2. 栽培難易度
    容易

  3. 温度照明
    中輝度

  4. 開花
    夜間18-20Cで昼間の温度が25C程度が1か月以上続くと花茎が発生する。昼間の温度が28C以上の高温条件では花茎は発生しない。

  5. 施肥
    特記すべき事項はない。

  6. 病害虫
    病害虫には強い種である。

5.特記事項

 Luzon島からの株には花被片写真の3段目中央および右のようなPhal. hieroglyphicaとの区別が困難な、本種との中間体と思われる様態がしばしば見られる。